かまくらの中で雪を眺めながら食べる!おすすめの食べ物5選!

かまくら 雪 食べ物

 

ゆーきやこんこん、あられやこんこん♪

 

雪がたくさん降ってきたら、かまくらを作りたくなりますね。

そのかまくらに机を持ち込んで温かいものを食べながら、家族揃って雪を眺めたくないですか?

 

夏はBBQを楽しめますが、冬はかまくらで食べ物を食べて幸せになれるの最高ですよね!

 

でも、かまくらで何かを食べるってあまり経験していないと、分からないですよね…。

「かまくらの雪が溶けてしまうのでは?」などの別の不安も出てきますし。

 

大丈夫です。

とある方法で、かまくらの中でほくほく温かい食事って出来るんですよ^^

 

では、かまくらで食べるからこそ美味しい食べ物を紹介します!

スポンサーリンク

 

かまくらで食べるならこれ!おすすめ食べ物5選!!

かまくら 雪 食べ物

 

まず最初に、かまくらで食べるならどんな食べ物がおすすめかお話ししていきます。

 

でも、かまくらって中で使う火によって食事が難しいですよね。

家庭のコンロをそのまま持っていっては使えないし、ムードもあったものではないです。

 

なので、どんなものを使って食べるのかも一緒に紹介していきます!

 

★★かまくらで食べるおすすめ食べ物5選★★

 

~ミニコンロ~

 

・シチュー

 

野菜やお肉をあらかじめカットしておきます。

2Lのお水をペットボトルに入れて持っていきましょう。

それとお好みのシチューのルー。

 

後は、かまくらの中で入れて作るだけ!

 

体も温まって、1品でも美味しく頂けるメニューではないでしょうか。

 

・鍋焼きうどん

 

アルミホイルにうどんとお好みの野菜やお肉を入れて蓋をしておきましょう。

そして、ダシをペットボトルに入れグツグツと煮込みます。

 

人数分用意したら、かまくらで温めるだけ!

 

心まで温まる美味しい鍋焼きうどんを食べながら、雪を眺める…最高ですね。

※天ぷらは惣菜で購入されたものをおすすめします。

 

~七輪~

 

・焼き餅

 

1月以降なのであれば、焼き餅をおすすめします。

昨今では、焼き餅はトースターやフライパンや網などを駆使して餅を調理しますよね。

 

でも、七輪で焼く事が少なくなったのでは?

七輪で焼く餅は、「見て美味しい、食べて美味しい」になるんですね。

 

お好みの味付けで頂きましょう!

 

・ホイル焼き

 

七輪で焼くホイル焼きいかがですか?

 

そうですね、魚であればタラを。

お肉であれば牛肉をおすすめします。

 

バターをアルミに塗っておき、醤油で頂くんです。

最高ですよ~!

 

~どちらでも~

 

 

・チョコレートフォンデュ

 

スイーツが食べたいのあればチョコレートフォンデュがおすすめ!

 

マシュマロをつけて頂きましょう♪

マシュマロが雪みたいで、ロマンチックさも演出出来ます。

 

チョコレートをミニコンロや七輪にアルミカップで溶かして頂くのもアリですよ。

いちごチョコレートを溶かすのも良さそうですね!

 

と、こんな感じです。

 

かまくらで頂ける美味しい食事、私もやってみたいですね~!

特にチョコレートフォンデュ。

スポンサーリンク

 

準備しておこう!食事をすると便利なものは?

かまくら 雪 食べ物

 

次に、準備しておくと便利なものはなんなのかお話しします!

 

かまくらで食事をする時って、必要なものって正直浮かんでこないですよね。

先ほど、ミニコンロや七輪と使うものを挙げましたが…。

 

なので、必要なものとあると便利なもの、まとめておきました!

 

★★かまくら食事で必要なもの・便利なもの6選★★

 

~必要なもの~

 

・箸&取り分け皿

 

これなしでは食べられません。笑

 

人数分+予備のものでOKだと思います!

お子さんがいるのであれば必要かもしれません。

 

箸も皿も、割り箸や紙皿にしておくと、処理も楽で良いでしょう。

※きちんと持ち帰りましょうね!

 

・火

 

何を作るのか明確にして、持っていくものを選んでおきましょう。

 

ミニコンロ+フライパンなのか、七輪なのか。

はたまた別のものなのか。

 

それに付随する乾電池や薪などをしっかり確認しておきましょう!

 

・料理道具

 

菜箸やお鍋など料理道具を一緒に持っていきましょう!

 

人数分の量が作れる大きさのものが良いですよ。

あまり大きすぎても座れる場所に困ってしまいますからね…。

 

おたまやトングなど、取り分ける道具も料理によって揃えておきましょう!

 

・照明

 

夜に食べるのであれば、照明!

これが一番必要かもしれませんね。

 

昨今では、火事にならない照明としてLED照明があるので、そちらをおすすめしますね!

 

ムードも出て最高の景色になりますしね。

 

 

~あると便利なもの~

 

・薬類

 

火傷などした場合に、これがあると便利ですね!

 

いつもより狭い中での作業なので、危険ですからね…。

食材を入れてきたミニクーラーボックスなどに氷を忍ばせておくのも良いです。

 

他にも道具で怪我したりする時の為に、絆創膏をおすすめします。

 

・はんてんなどの防寒具

 

かまくらの中で食事をする際は、温まってるとは思いますが。

それに至るまででしたり、ちょっと外に出る時はちょっとした防寒具が必要です。

 

かまくらが崩れないように、かなり冷たい空気だと思うので…。

折角のかまくらでの食事なので、風邪をひくのは嫌ですもんね!

 

と、こんな感じですね!

 

かまくらで食べる時の注意点は?

かまくら 雪 食べ物

 

最後に、いくつか注意点を。

 

かまくらで食べる時って結構危ない事が多いんですよ。

しっかり頭の中に入れておいて下さいね!

 

~注意点~

 

・火の近くに衣類をおかない

 

基本中の基本ですが、これ絶対気を付けましょう。

 

自分より後ろに置いておくと良いでしょう。

コート類などは車の中に置いてはんてんなどの防寒用具に着替えておく事をおすすめします!

 

・一酸化炭素中毒

 

密閉空間で火を使うと一酸化炭素中毒になりがち。

 

なので、火を使う時は入口を閉めない方が良いかもしれません。

実際に扉をつけた、かまくらで高齢者が危険な目にあったようですね!

 

死に至る事があるので、ナメずに気をつけましょう!

 

・携帯電話を近くに 

 

かまくらの中で、食事を摂ってる間って携帯を放置しがちなんですよね。

 

でも、かまくらが崩れてしまう危険性も頭の中にいれておきましょう。

その場合、連絡手段がすぐに欲しいですよね!

 

すぐに手にとれる場所に、置いておいた方が賢明ですね。

 

と、こんな感じです。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

これで、かまくらでの食事を大いに楽しめるはず!

是非、気を付けながら楽しんで下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。