ネギの水耕栽培をペットボトルでやる方法!肥料のおすすめと注意点

ネギ 水耕栽培 ペットボトル

 

最近、再生野菜を利用する水耕栽培が流行っています。

野菜の余った部分を水に浸して育てる簡単な方法ですが大きな入れ物が無くてもペットボトルで栽培が可能なのはご存知ですか?

 

今回は長さのあるネギでもペットボトルで、水耕栽培をやる方法を詳しく丁寧に説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ネギの水耕栽培をペットボトルでやる方法

ネギ 水耕栽培 ペットボトル

 

水耕栽培を簡単な道具で始めたいと考えている方におすすめなのがペットボトルでの栽培です。

 

ペットボトルならお家に必ずあるはずですし、使い捨てできるので便利です。

 

用意するもの

① ネギの根っこ部分

② ペットボトル

③ 輪ゴム

この三つが準備できればすぐに水耕栽培ができます。

 

まず、ネギの根っこから5センチ上をカットします。

カットしたネギは束になるように輪ゴムで縛っておきましょう。

 

ペットボトルは半分より少し上を目安に、はさみやカッターで切ります。

使うのは下の部分ですので、上の飲み口部分は破棄してかまいません。

 

ペットボトルの切り口は手を切りやすいので、不安な場合はセロハンテープやガムテープなどで切り口に沿うようにテープを貼ると怪我防止になります。

 

切ったペットボトルにネギの根っこが少し浸るくらいまで水を張って完成です。

 

日当りの良い場所に置いておくと成長が促進されるので、窓際などにおいておくのがおすすめです。

 

ネギの水耕栽培の肥料のおすすめはこれ!

ネギ 水耕栽培 ペットボトル

 

肥料のイメージとしては土状のものを思い浮かべますが、水耕栽培で使用する肥料は液体肥料と呼ばれるものです。

 

その液体肥料の中でも一番効果を感じられるおすすめ商品はハイポニカという液体肥料です。

お値段は900円〜1400円程、2液タイプなので水にそれぞれを溶かして使用します。

 

長期間な栽培や、短期間でも安定した肥料を与えることができて植物のどんな成長段階でも使用することができるのが特徴です。

ネギだけではなく、他の植物にも使用可能でいろんな種類の植物を栽培したい方にもおすすめですので、ぜひお試しあれ!!

 

スポンサーリンク

 

ネギの水耕栽培をペットボトルでやる時の注意点

ネギ 水耕栽培 ペットボトル

 

水耕栽培は土の代わりに水に肥料などを溶かして栽培します。

簡単に栽培できるのがポイントですがやり方を間違えると栽培どころか野菜をダメにしてしまいます。

 

そうならない為に、気を付けなければならないのがお水の交換です。

水耕栽培で主に使用するのがお水、ただお水に浸して放置をすれば野菜が再生するわけではありません。

 

暑い季節は特に、水が腐りやすく濁り始めるのが早いです。

一日そのままにしているだけで白く濁ってしまいます。

 

何日も放置してしまえば奇麗な水ではなくなります。

腐ってしまった水や濁った水に植物を浸してしまえば、その水分を吸収して植物本体も腐ってしまいます。

 

折角育ち始めていたのに、腐ってしまったら悲しいですよね。

そうならない為にしっかり水の交換を忘れずにしましょう。

 

水の交換の頻度としては、夏場ですと1日に1回、冬場ですと2、3日に1回行えば最適です。

ネギは他の植物に比べて、水をあまり必要としない野菜です。

ですので、ペットボトルに入れる水の量は根っこ部分が少し浸るくらいにしておきましょう。

 

水耕栽培の収穫目安

ネギを栽培してどれくらいで収穫できるのか気になりますよね。

平均としては、ネギを水に浸して1週間で収穫できます。

 

1日で5ミリから1センチ程成長しますので、長い期間をかけずに育てて収穫することができます。

畑やプランターで1から育てるとなると1ヶ月程かかりますので、比べると水耕栽培のお手軽さが分かります。

 

まとめ

 

お家で簡単にできる水耕栽培ですが、やり方や注意点を把握していないと失敗してしまうかもしれません。

 

水の交換の頻度や、肥料の与え方によってネギのおいしさが変わってきます。

今は値段もお手軽な肥料が売っていますので、水耕栽培を始めようと思っている方は紹介しました肥料や気になった肥料を使用して栽培してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。