披露宴のご祝儀は夫婦ならいくら?家族で参列する時も知りたい!

披露宴 ご祝儀

 

夫婦やご家族での披露宴の列席。

一緒にご祝儀を渡す際には、どのくらいの金額をお渡しすれば良いのかご存知ですか?

 

知っているようで意外と知らない方が多いと思います。

 

披露宴のご祝儀の金額をいくらにするかというのは毎回悩みますよね。

1人だけならともかく、夫婦で列席したりお子様も一緒となると、どのようにすれば良いのでしょうか。

 

列席させて頂く人数や、新郎新婦様との関係性、年齢などよってご祝儀の金額は違ってきます!!

 

せっかく呼んで頂いたお祝いの席、披露宴。

失礼のないよう、また新郎新婦様に気を使わせないように実際の金額をご紹介させて頂きます。

【関連記事】

披露宴の服装のマナーはこれ!女性で気をつけるポイントは?

披露宴の服装は40代女性ならどれがいい?スタッフおすすめの服装はこれ!

披露宴の服装で黒のワンピースって大丈夫?ストッキングは?

披露宴の服装は冬だと寒そう!女性が悩む防寒対策をスタッフが伝授!

スポンサーリンク

 

披露宴のご祝儀は夫婦だったらこの金額で!

披露宴 ご祝儀

 

年齢や関係性、立場によっても異なりますが一人で披露宴に列席する場合の平均の相場は3万円。

招待状も連名で送られて来ていたし封筒が一緒だから、二人で3万円でいいだろうと思う人もいるかもしれません。

 

しかし!!

 

夫婦二人列席するのに3万円のご祝儀にした場合、披露宴の費用分新郎新婦に負担がかかってしまいます。

少なくともご夫婦揃ってお食事をされるわけですから、その分お渡しする金額は増やした方がいいです。

 

式場や新郎新婦様の選ばれるコースにもよりますが大体、お料理とドリンク代を合わせると最低でもお一人当たり15,000円ほどはかかっているのではないでしょうか。

 

そう考えると、ご夫婦お二人で3万円では…という感じになります!!

お料理の他に引き出物などもありますので、それらが新郎新婦様のご負担となってしまします。

 

3万円だからと言って、何か問題が生じるわけではありませんし金額が重要という訳でもありませんが

逆の立場に立った場合どうでしょう。

 

お祝いをする側とお祝いされる側の信頼関係や常識の範囲内でご祝儀の金額は決めましょう。

 

実際にご祝儀としてお渡しする金額としては、ご夫婦でご友人の披露宴の場合は5万円の方が多く、親族や親せきなどの身近な方の場合は7万円~10万円ほどお渡しされる方が居られます。

 

知人の披露宴の場合は、普通1人の目安が3万円なので単純に計算すると2人で6万円。

慶事では偶数は避けるべき数字なので、一般的には5万円を包む方が多くなっています。

 

ご祝儀を5万円で渡し、何かお祝いのプレゼントを1万円程お渡しされてはいかがでしょうか?

新郎新婦様もきっと喜ばれます♪

新郎新婦が兄弟姉妹や親戚の場合は、2人で10万円程度が目安となっています。

スポンサーリンク

 

披露宴のご祝儀は子供も一緒だったらこれくらい包むのがマナー

披露宴 ご祝儀

 

では、お子様が一緒だった場合はどうでしょう?

お子様を一人として考えるか、どうか悩むところですよね!?

 

お子様の年齢にもよりますがお子様が列席される場合も、お食事代(お子様ランチ)、ドリンク代などで最低8,000円程度かかります。

そうすると、親子で5万円は多い気もするし、3万円では少なく感じます。

 

中学生以上のお子様であればお料理は大人一人分に換算されることが多いので5万円でも、問題ありません。

小さいお子様の場合は大人の人数分のご祝儀と食事代+α包むか、お子様の分はプレゼントでご用意するか、どちらかがベストです!!

 

お子様用に新郎新婦からプレゼントの用意をされている場合もあるので、しっかりと準備しておきましょう。

お子様お一人だけだと良いのですが、お子様の人数が増えれば増えるほど、金額も上がります。

ご祝儀以外の準備もあるのでもしも経済的に厳しいようであれば、欠席してお祝いを用意してはいかがでしょうか??

 

まとめ

 

ご祝儀をお渡しするのに基本的には、用意してもらうお料理にかかった金額分くらいを、不足ないようにご祝儀に上乗せするのがルールであり、一般的です。

 

また親族の場合は、一般的な相場としては夫婦2人で10万円。

さらにお子様が加わる場合は人数や年齢、お料理を考え金額を夫婦でのご祝儀代にプラスしていく必要があります。

ただ、家によってご祝儀の考え方が違いますし、新郎新婦様の思いもあるのでそれよりも少ない金額でも問題ない場合もあります。

 

また、親族の中でも血縁関係が近いか遠いか、ご祝儀を渡す側の年齢が若いかどうか等によっては、例えば「20代夫婦なら2人で7万円」でも大丈夫という考え方もあります。

 

いずれにせよ、ご家族の披露宴の場合、ご祝儀に関するルールが親戚全体で統一されていれば問題ないのですが、人によってバラバラという可能性も十分考えられるので常識の範囲内で世間一般の相場を念頭に置きつつご家族で相談しながら金額を決めていくのが良いでしょう。

 

披露宴でのご祝儀の金額は気持ちです。

相手に費用を賄ってもらう式の費用を賄ってもらうものではないですが、少なすぎるのはNG=失礼です。

友人の場合→夫婦2人で5万円、お子様連れの場合は人数や年齢によって加算していく、またはプレゼント。

親族の場合→夫婦2人で10万円、子連れの場合は人数や年齢によって加算していく。が一般的と考えられております。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。