おせちのそれぞれの食材の意味や由来は?【徹底解説】

おせち 食材 由来

 

お正月といえば、おせち料理!

「私はこれが好き!」とワイワイ料理を囲むのは楽しいですが、そもそもおせちの食材にこめられた意味や由来は知っていますか?

 

今回はおせちの様々な食材の意味や由来について解説します!
知っていると、おせち料理がぐっと味わい深くなりますよ。

スポンサーリンク

 

おせちへ詰める基本の食材は?

おせち 食材 由来

 

そもそもおせち料理は、漢字で「御節」、つまり暦上の節句の料理を指しています。

 

節句といえば、桃の節句(3月3日)や端午の節句(5月5日)が浮かびますが、元旦、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)も節句です。
この五節句には「御節供」といって、神様にごちそうをお供えしていました。

元旦は最初の節句なので特にめでたいとされ、今では正月の料理だけが「おせち」と呼ばれるようになったようです。

 

そのためおせちに詰める食材も縁起のよい食材で構成されています。
重箱に詰めるのも「めでたいことを重ねる」という意味があるのですが、今回は基本の食材について紹介します。

 

おせちは四段重が正式ですが、地域によっては五段だったりします。
しかし現代は、家族で楽しめる簡素な三段重が増えています。

 

一の重(一番上)は、「口取りと祝い肴(ざかな)」。
口取りとは祝いの席の料理で、栗きんとんや紅白かまぼこ、伊達巻などを詰めます。

 

祝い肴は「三つ肴」ともいい、おせちを代表する3つの食材を指しますが、関東は「黒豆・数の子・ごまめ」
関西は「黒豆・数の子・たたきごぼう」と地域で異なります。

 

二の重は「焼き物や酢の物」を詰めます。
焼き物は、鯛や海老の塩焼き、ブリの照り焼きなど。
酢の物は、紅白なますや酢レンコン、コハダの酢漬けや酢だこなどです。

 

三の重は「煮物」が中心です。
ニンジンやタケノコ、サトイモ(ヤツガシラ)にクワイ、結んだコンニャクなどの煮しめを入れています。

 

四段重ねの場合は、一の重は同じく、二の重に「焼き物」、三の重に「酢の物」、与の重(四は忌み数字なので使用しない)に「煮物」を入れます。

 

五段重の場合は、五の重の中身は空が多いようです。
現在の状態より将来さらに繁栄して、福が入る余地を残す意味があるそうです。

 

おせちの由来やそれぞれの食材の意味を解説!

おせち 食材 由来

 

次に、基本の食材それぞれの意味を解説します。

 

まずは一の重からいきます。
「栗きんとん」のきんとんは漢字で書くと金団、つまり財宝のイメージです。
栗は「勝ち栗」と呼ばれる、縁起のいい食材です。

 

「紅白かまぼこ」は、かまぼこの形が日の出のイメージにつながるため。
さらに赤は魔除け、白は神聖な清浄の象徴です。

 

「伊達巻」は、掛け軸や巻物などの書物に似た形にちなんで、学問や習い事など知識が増えることを祈願しています。
これらの口取りの料理は、お酒が飲めない子どもが喜ぶ甘いものが多いです。

共通の祝い肴のひとつ「黒豆」は、健康でまめに働けるようにという語呂合わせです。
また、黒には邪気を祓う力があるとされていました。
同じく「数の子」は、子孫繁栄の象徴です。

数の子はニシンの卵ですが、卵の数が多いうえ「二親」の語呂合わせで家庭円満を願う意味もありました。

 

関東流の「ごまめ」は、田作りとも言われます。
カタクチイワシの幼魚を干したもので、本来「五万米」と表記されました。
昔はイワシが田畑の高級な肥料だったので、豊作祈願に通じています。

 

関西流の「たたきごぼう」は、ゆでたごぼうを軽く叩いてごま酢で味つけしたものです。
ごぼうは地中に深く長くまっすぐ根を張ることから、家の安泰と長寿を願っています。

 

次は二の重です。
「鯛」はめでたい、「海老」は腰が曲がるほど長生きできるように、「ブリ」は出世魚であるなど、焼き物は定番の縁起物が揃っています。

 

「紅白なます」はかまぼこ同様、めでたい色の組み合わせです。
お祝の水引きを模して、平和を願う意味もあります。

「酢レンコン」は、レンコンの穴が「見通しが明るい」に通じるためです。
「コハダの酢漬け」は、ブリと同様コハダも出世魚なので縁起物です。
「酢だこ」はタコ=多幸という語呂合わせです。

 

最後は三の重です。
梅の花の形の「ニンジン」は春の訪れの象徴です。
「タケノコ」はまっすぐ伸びることから、成長と健康を祈願しています。

 

「サトイモ(ヤツガシラ)は、小芋がたくさんつくことから子孫繁栄を意味します。
ヤツガシラの八は末広がり、頭は出世できるようにという願いもあるとされています。

 

「クワイ」は大きく長い芽が出るので、「めでたい」に通じています。
「コンニャク」はたづなに結ばれていることから縁結びの象徴です。

 

スポンサーリンク

 

おせち食材のおすすめ通販

おせち 食材 由来

 

さて、このようにおせちには食材全てにいろいろな意味がこめられていますが、最近は洋風や中華風の食材を入れるおせちもあるようです。

 

また、おせちは本来「神様をお迎えしているのに台所を騒がせては失礼」ということで、日持ちする食材が多く取り入れられています。
そのため「女性も三が日は休みましょう」という労いの意味も加わりました。

 

便利な現代では、おせちの通販でその意味が成就できます。
今度は通販で買えるおすすめのおせち食材を紹介します。
人数や予算に合わせて選びましょう。

 

仙台の笹かまぼこで有名な「かまぼこの鐘崎」のおせちは、かまぼこや伊達巻などの味にお墨付きがあります。
和洋折衷の「迎春之宴」は少人数向けですが、テリーヌやローストビーフなどの洋風食材も加わって家族で楽しめます。

 

「イトーヨーカドー」のおせちは種類豊富。
一人前の「彩蘭」一段重(1人前)に、家族向けの「浜内千波監修 よくばりおせち」二段重(3〜4人前)のほか、洋風おせち、東北や東海など地方の食材を使ったおせち、さらに愛犬向けなどバリエーションの広さに驚きます。

 

老舗の高級おせちを味わいたいなら、三越伊勢丹でも通販を行っています。
和風・洋風・中華風・和洋折衷と中身の種類も様々ですが、冷凍・冷蔵・パックなど保存方法も幅広く選べます。
きっと好みのおせちが見つかりますよ。

 

まとめ

いかがでしたか。
今回は代表的なおせちの食材を紹介しましたが、地域によって中身は異なっても、どの食材にもめでたい願いがこめられています。

 

おせち料理を食べる時は、ぜひ食材にこめられた意味をかみしめて、いろいろなことを祈願しながら味わってみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。