タケノコのあく抜きは重曹が簡単!大根でも実は代用できるって本当?

たけのこ

 

春の旬の野菜と言えば、山菜の王様タケノコ!

 

最近スーパーでは、水煮で売られていますからあく抜きしなくても大丈夫ですが…。

生のタケノコを頂いたり購入した際には、あく抜きは必要!

 

分かってるけど面倒なのが本音…。

 

私も本当面倒で…。

でも、ある方法を試したら簡単に出来ちゃうんです!

 

なので、時短であく抜きする方法があるので紹介しちゃいます!

合わせて、大根でも代用出来るのか否かを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

タケノコのあく抜きには重曹が簡単でオススメ

たけのこ

 

生から作る時、含まれている栄養素を落とさず調理したいですよね。

でも、なかなか上手くあく抜きできなくて、えぐみ・渋みを感じてしまう…。

 

そんな時、オススメの時短法があるんです!

 

それは『重曹』なんです。

 

なので、その方法を詳しく説明しますね^^

 

★タケノコのアクを重曹で抜く方法★

 

1、1L:小さじ1杯を鍋に入れ、沸騰させます。

2、鬼皮を剥き、根本をカットします。

3、タケノコを半分にカットして、投入します。

4、30分弱火にかけながら、水が減ったら継ぎ足ししましょう。

5、タケノコに串をさして通ったらOK!

 

これで、完璧にアクが抜けますよ!

 

でも、こんなに一気にあく抜きしても全部使う訳ではないですよね。

なので、オマケに保存方法を紹介する事にしますね!

 

★タケノコの保存方法★

 

1、そのままのタケノコを冷まします。

2、ジップロックやタッパーなどの密閉出来る物に入れます。

3、新しい水を一緒に入れます。

※水は様子見で入れ替えましょう。

 

これで、所謂、水煮状態になった訳です^^

 

是非、試してみて下さいね!

スポンサーリンク

 

タケノコのあく抜きは大根でも簡単にできた!

たけのこ

 

中には、「いやいや、家には重曹を使わないのでないんです!」って方もいますよね。

 

そういう方の為に違う方法を提案!

 

どこのお家でもよくある『野菜』なんです。

それは…、大根なんです!

 

意外ですよね!でも大根をどうするのでしょう?

その方法も兼ねて、詳しく紹介します。

 

★大根でアク取り!?方法★

 

1、大根おろし200ml、水200mlの1:1、塩4gを入れたボウルを用意します。

2、鬼皮を剥き、根本をカットします。

3、タケノコを半分にカットして、投入します。

4、1時間漬けこみましょう。

※出来ていないようなら更に漬けこみましょう。

 

本来なら一晩なところ、これが1時間で出来てしまうんです!

実際に私も試してみたんですが、本当に楽に出来てめちゃめちゃオススメです!

 

他にも、米ぬかなどの方法もあるのですが、コレが一番今のところ簡単そうですね^^

 

この方法では、上手く作れないって方にはCOOKPADを利用してみるといいかも。

 

▼COOKPADでタケノコのアク抜き

→あく抜き方法COOKPAD編

 

なので、こちらも是非お試し下さい♪

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

1、重曹でアク取りは簡単に出来ます

2、大根おろしはもっと簡単!

 

が、タケノコの簡単なアク取りです!

 

これで、面倒だったタケノコ料理がたくさん作れちゃいますね!

 

バター醤油炒めに、タケノコの味噌汁、タケノコの煮物…。

美味しそうですね…!よだれが出ちゃいます。笑

 

参考までに▼

→たけのこのレシピ(COOKPAD)

→たけのこのレシピ(楽天レシピ)

 

春の食材で、春を感じたら最高ですもんね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。